【2016年度2大ニュース】

~日本ソマリア青年機構はさらに発展していきます!~

①「Movement with Gangsters」第2世代始動

2013年夏より、潜在的自爆テロリストといわれるソマリアユース人ギャングの社会復帰支援事業「Movement with Gangsters」をメインプロジェクトとして実施してまいりました。これまで50名以上のソマリア人ユースギャングを継続して受け入れ、ギャング一人ひとりの社会復帰に向けた意識改革と主体的な行動を促す丁寧なサポートを行ってきました

 

当機構は昨年、7ヶ月に渡る中間評価を実施し、各種現地NGOや政府関係者、教育機関、医療機関とプロジェクトの刷新を図りました。

 

そして2016年春より、本事業において「ユースギャングの更なる過激化防止」という点での取り組みを増やし、平和構築と紛争予防に対して更に働きかけていくことに決まりました!既存の形態に加えて、ギャング一人ひとりが「ユース」として生活を遂げていくためのライフスキルの支援や、薬物依存から脱する更生プログラムなども実施していく予定です。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

②2016年春よりメンバー募集を日本全国へ!

2016年春より、これまで首都圏に限定されていたメンバー募集の範囲を大幅に拡大し、日本全国から活動参加メンバーを募集します!

 

当機構はこれまで、首都圏外(特に地方在住)の学生から「活動に参加したい」という強い要望を多数頂いて参りました。しかし組織の基盤整備などの理由から実現に至ることはできず、首都圏外からの参加希望者の声にお応えすることができませんでした。

 

しかし今回、メインプロジェクトであるソマリア人ユースギャングの社会復帰支援事業「Movement with Gangsters」をはじめとする事業と予算の拡大に伴い、私達と活動を共にする仲間を日本全国から募集することに決定しました!

日本で唯一「紛争地」「ソマリア」「平和構築・紛争予防」に関して直接的に活動している学生主体の団体であることからも、今回の全国化は有意義なものになると考えています。

 

<活動参加形態>

首都圏外在住のメンバーは毎週水曜日の定例ミーティングにgoogle ハングアウトの使用を介しての参加して頂きます。通信環境はしっかりと整備されていますので、首都圏外より参加を希望される方はお気軽にご相談下さい。またその他は首都圏在住メンバーと同様に活動に参加していただき、現地渡航活動に参加できるうえ、もちろん役職選挙への立候補も可能です。

 

これまで行動を起こしたいと思いつつも、遠隔地からの参加を躊躇されていた方、また今回初めて当機構のことを知り関心を持って下さった首都圏外在住の方、是非この機会にご参加をお待ちしています。

 

参加希望の方はこちらより見学希望の旨を記載の上、ご連絡下さい。

【御寄付のお願い】

当機構は、皆様から頂く御寄付によってのみ活動を実施することができています。支援の手が行き届かないソマリアの未来を切り拓いていくために、またギャングが自爆テロリストにならないために、皆様の温かい御支援をどうぞ宜しくお願い致します。

御寄付はこちらより

 


【見学希望の方】

加入を検討し、ミーティング見学をご希望の方は、こちらよりご連絡をお願いします。